学資保険に入るタイミング

サンプルイメージ
学資保険に入るタイミングについては、
月々の保険料を出来るだけ少なくするにはそれだけ長い時間をかければ良いので、
出来るだけ早いうちから入ることをおすすめします。

お子さんが0歳児でも学資保険には入れますし、
18歳までの18年間毎月支払いをするとなると非常に長い時間とお金がかかりますが、
それだけ受け取れる額も多くできたり、返戻率も高く設定できます。

なかには、子供が出生する前から将来の準備がはじめられるプランもあります。
以前の学資保険はこうした柔軟さはあまり期待できなかったのですが、
現在では幅広いニーズに応えられるようにと、こうした出生前からのプランも登場するようになりました。

短期満了プランが選択できる企業もありますので、
お子さんにいくら受け取らせたいかを考え、
そのためには何歳から加入が必要かについてもあらかじめ企業の担当者によく確認をとっておくと良いでしょう。
返戻率とあわせて柔軟な対応をしてくれるところを比較されると良いと思います。

サンプルイメージ もちろん、必ず0歳児で加入しなければならないというわけではありません。
大体一般的な年齢として、0歳から5歳のあいだくらいに学資保険に入っておけば将来のために積み立てがしっかりできる、という計算になっているようです。

なかには、加入にあたってお子さんが5歳までのうちに入るようにと年齢制限を設けている企業もありますし、
その反対で小学生から入れるプランもあります。
もちろん、年齢が上がれば上がるほど、保険料は高額になりますし、
家計を圧迫する可能性もありますから、毎月のやり繰りについてもしっかり検討する必要があります。

各家庭にはそれぞれ事情があって、経済的に余裕があるお宅ばかりではありませんし、
あえて学資保険には入らず貯蓄していたけれどあとから気が変わったという場合もあると思います。
すでに年齢が5歳を過ぎていたとしても悲観せず、
小学校高学年や中学生でも入れるプランを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

メインメニュー

サブメニュー

Copyright(c) 2012 School expenses insurance All Rights Reserved.