学資保険のリスクとは

サンプルイメージ
子供の将来のために毎月しっかり貯める「学資保険」は、
お子さんの将来を考えるうえで問題となる教育費。
計画的に積み立てて、必要な時に貰えるものとして「学資保険」は有効な貯蓄方法と言われていますが、
その反面リスクについても無視はできません。
以下に、学資保険のリスクについてまとめてみました。

・元本割れが発生する
これは、「払った分よりも減って戻ってくる」ことを意味しています。
元本割れが発生する理由は、やむを得ない事情によって学資保険を途中解約しなければならなくなったときや、
医療保障など学資保険にいろいろな保障を付加した場合などは付加分が掛け捨てになることが多いです。
あらかじめ学資保険の返戻率や解約時に手元に残るお金などもよく考えたうえで、
本当に加入するべきかどうか検討されると良いと思います。

・支払い困難になるようなプランを組みがちになる
親御さんの気持ちとしては、
お子さんには出来るだけ多くのお金を割いてやりたい、と思うのではないでしょうか。
学資保険のプランには、下は100万円台から上は1000万円を超える金額が設定できます。

サンプルイメージ しかし、あまりにも多額の受け取り金を設定してしまうと、
月々の支払いが難しくなってくる場合があります。
特に、退職や転職などで勤め先が変わったりすると、
それまでは困難なく支払いできていた学資保険用の保険金も支払えなくなってしまうことがあります。
子供の問題とはいえ、生活に支障が出てはなりませんから、
親御さんご自身の生活設計もよく考えたうえで計画的にプランを選びたいものです。

・保険会社の倒産リスクがある
どんなに魅力的なプランでも、会社自体が存続していなければ意味がありません。
古くから続いている保険会社だから安心というわけでもありませんし、
新しい会社だから将来性がないと決めつけるわけにもいかないと思います。
プランを選ぶ際には、将来性のある企業かどうか、
また保険業界全体の動向などにも注意しながら、
学資保険を申し込む環境であるかどうかをよく見極めておく必要があります。

 

 

 

メインメニュー

サブメニュー

Copyright(c) 2012 School expenses insurance All Rights Reserved.