郵便局の学資保険の特徴

サンプルイメージ
学資保険というと、自動的に「かんぽ・郵便局の事業」と考える方も多いのではないでしょうか。
以前は郵便局が行っていた保険事業ですが、現在はかんぽ生命と名前を変えて新たな会社が出来ています。

そんなかんぽ生命の保険の特徴としては、基本的な保障に加えて満期保険金がもらえるスタンダードなタイプが4種類用意されています。
さらにその中に、お子さんの進学のタイミングに応じてそのつど一時金が支払われていって残ったお金が最後に全額支払われるタイプと、一括で満期に受け取れるタイプが存在します。

何歳で満期を迎えるかによっても金額や一時金の割合が変わってきますが、かんぽ生命では15歳、18歳、22歳と年齢や進学の段階に分けたプランが用意されています。

早めの段階でかけたお金を手元に戻したい場合は15歳満期タイプを選ぶと良いですし、
大学進学も視野に入れているのであれば18歳満期タイプを、
さらに進んで社会人になったとき、一人暮らし用の準備資金にと考えている場合は22歳満期タイプを選択されると良いと思います。

サンプルイメージ
いずれもお子さんの成長、進学にともなって一時金をしっかり受けとれる安心の保障内容になっていますから、将来をよく考えてプランを選択する必要があるといえます。

特約として、災害時に保険金が降りるタイプや入院保険なども用意されており、
こちらもお子さんの万が一のことを考えるならば必要になってくるかと思います。
いつ何が起こっても心配のないように特約をプランにつけることもできますので、具体的な保障内容などは担当者と相談のうえ、特約をつけるか否かを決めると良いでしょう。

基本的にかんぽ生命の保険は内容がわかりやすく、郵便局ということもあって気軽に利用できるメリットがあります。
15歳と18歳以外に22歳満期のプランもありますから、選択の幅もそれだけ広くなります。

お子さんの一生にもかかわってくる保険ですから、どのタイプを選ぶかについては慎重に計画したいものです。

 

 

 

メインメニュー

サブメニュー

Copyright(c) 2012 School expenses insurance All Rights Reserved.