学資保険を比較して調べよう

サンプルイメージ
お子さんの学資保険を考えている方は、ぜひ今からさまざまな保険会社のプランを比較検討されることをおすすめします。

学資保険を比較するうえでもっとも大切なことは、保障を重視するあまり掛け金ばかり多くかかって、
実際手元に残るお金は掛け金よりも少ないケース。
いわゆる「元本割れ」というものです。
この元本割れが発生するかどうかを見るのが比較検討で重要なポイントです。

しかしながら、保護者も子供も、長い人生のなかでどんなアクシデントに見舞われるかは分かりません。
万が一、のことも考えておくならば、あらかじめきちんと保障のついた保険を選んだほうがよいでしょう。
返戻率が高い方が子供が損をしなくて済むと考えるならばできるだけ100%を超える返戻率の保険を選択するべきです。

学資保険の共通項として、契約者が保険料を支払えない状態になった場合、それ以降の保険料がすべて免除されます。
それだけは共通点ですから、余計な保障などは抜きにして返戻率の高いところを選択するのもありだと思います。

サンプルイメージ
返戻率に関しては各社によって特別な制度を設けている場合もあります。
内容としては、保険金の支払い方法を、全額一度に払うようにすると返戻金が100%を大きく超えて手元に入るというもの。
これは親御さんにとっても、そしてお子さんにとっても非常に魅力的といえます。
将来万が一お子さんがお金のかかる進路を選択した場合でも、学資保険によってそのほとんどを補えるのであれば心配はいりません。

また、学資保険を比較するうえで「その企業が信頼できるか」という点についても非常に重要といえます。
子供の将来を考えて積み上げてきた学資保険も、会社の倒産などが起こってしまうと計画通りにならない場合もあります。
ですから、伝統があり加入者の多い安定した企業や機関の学資保険を利用するというのも一つの方法です。

子供の将来を後押しするために必要な学資保険ですから、よく考えて選ぶようにしたいものです。

 

 

 

メインメニュー

サブメニュー

Copyright(c) 2012 School expenses insurance All Rights Reserved.