Sample Image

子育て世代の貯蓄と学資保険の活用

アイキャッチ画像

子どもが産まれると、成長に伴ってかかる費用のことが気になってくるものです。
保育園に入れるのか、幼稚園に入れるのか、小学校、中学校でかかる教材費や部活動などの出費、学習塾の費用、高校、予備校、大学もしくは専門学校にかかる授業料やその他の教材費など、考え出すとキリがありませんが、考えて、先々まで計画しておかなくてはならない類の費用です。
一般的な進路を歩んだとして、大学でかかる費用は約400万円から500万円と言われており、0歳から費用を貯めたとしても、月5000円を貯蓄して行く必要があります。
子供の数が増えれば増えるほど、その貯蓄額は大きくなりますが、子育て世代は、住居の購入などを考える場合も多く、出費はこどもに対してのみに留まりません。
住んでいる地域によっては車は必須ですし、光熱費や被服費、医療費もばかになりません。
月々の出費が厳しい中、定額の貯蓄を続けるのは、難しいと感じる人も多りでしょう。
私も現在、二人の子供がいますが、日々の生活にかかる費用の捻出だけで手一杯であり、なかなか貯蓄まで至らないものです。
そこで、以前ライフプランナーに相談した際に勧められた学資保険に加入しています。
一人一人、違う保険に加入しているが、医療特約も付随しているものにしたため、長男のケガなどでは保険金がおりたりと、ちょっとしたことからも非常に役に立っています。
次男の学資保険は、加入したばかりですが、定額の引き落としによって貯蓄していると思うと、特典などの分、得した気分にもなれます。
事故や後遺症などの万が一にも備えられ、そうならないに越したことはないのですが、備えは必要であると感じています。
基本的に学資保険は、月々の支払いによって、その子どもが満18歳時に、まとまったお金が支払われるというものであるものがほとんどですが、各保険会社によってプランや特典、特約などが異なるため、詳細な比較検討が必要です。
子供が小さいうちは、意外にも出費は少なく、その分の手がかるものですが、大きくなってきて手がかからなくなると多くのお金がかかるようになっていきます。
小さいうちは、習い事などにお金をついやさず、マイホーム資金を集中的に貯めるなど、計画的にお金を貯めて行く必要があります。
そういった面からも、学資保険は自分でお金を貯めることが苦手だと感じる人にはもってこいの商品です。
上手に活用することで、将来の不安を少しでも減らすことができれば、現在を楽しく過ごすことができるようになり、こどもに良い影響があるものと思っています。
お金の心配は、どんな時でも尽きないもので、現在の子育て世代は働いても給料が増えてくれるという確証もなく、自分たちは年金が支払われるのかわからないという恐怖から、貯蓄しなくてはと焦っているように感じられます。
焦っても、お給料が増えるわけでもなく、ただただ毎日の節約に励むのみですが、子供を持った以上、その養育にたいして責任があり、十分な教育を受けさせてあげたいと願うのが親心というものでしょう。
保険という商品を併用することで貯蓄と同じ効果が得られれば、その分の安心が得られるというものです。
不安を払拭する商品としての保険としては、貯蓄メインなのが異質ではありますが、入る入らないに関わらず、一度、検討してみると良いと思う保険の一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


メインメニュー

Copyright(c) 2012 School expenses insurance All Rights Reserved.