学資保険を利用するメリット

サンプルイメージ
学資保険を利用するメリットとしては、
子供の将来のためだけに貯蓄できる、という点がもっとも大きな意味を持っていると思います。
学資保険に入らず普通に貯金しても良いのでは?と思うかもしれませんが、
意外に貯蓄は学費以外の費用に回されることもありますし、
ふつうの預金口座で積み立てるには難しい部分もあります。

学資保険であれば強制のようなかたちで保険料を一定金額納めなくてはなりませんから、
「今月は余裕がないし来月にはちゃんと積もう」というケースが発生しません。
子供にとって非常に安心できる保険なのです。

また、メリットは他にもあります。
保険のプランによっては、子供に万が一のアクシデントが起きた場合に医療保障が受けられたり、
死亡に至った場合は死亡保障がつけられているものもあります。
こちらは普通の学資保険に比べて保険料が保障のぶんだけ高額になりますが、
子供の保障もきちんとしておきたいと考えている親御さんにとってはよりおすすめです。

まずは各社の学資保険の内容をよく把握し、
必ずしも医療保障や死亡保障のついた学資保険でなければならないのか?
他の掛け捨てタイプの保険で補うことはできないか?など、
予算内で収まるように比較されることをおすすめします。

サンプルイメージ
ほかにも、学資保険には諸事情によって解約しなければならなくなった場合でも返戻金が受け取れたり、
加入している保険会社からお金を借りられる契約者貸付制度、
契約者である保護者が病気や死亡によって保険金を支払えなくなった場合でも子供が満期返戻金を受けとれるなど、
さまざまなメリットが用意されています。

貯蓄で十分子供の将来に備えられる!という方は学資保険に入る必要はないかもしれませんが、
毎月一定金額をしっかり積み上げて、子供の将来に備えたいという方には学資保険のほうが良いと思います。

各保険会社や郵便局、銀行によっても学資保険の内容は違います。
返戻率や保障内容などをよく検討して、選んでみると良いでしょう。

 

 

 

メインメニュー

サブメニュー

Copyright(c) 2012 School expenses insurance All Rights Reserved.