Sample Image

子どもの教育費資金のために

アイキャッチ画像

子どもが出来て、まず喜びに満たされるでしょう。
子どもの成長を想像し、いずれは孫もと考えると、将来が楽しみでならないのではないでしょうか。
しかし、その子どもの成長のために、教育に掛かる費用を考え対策も取っておかなければなりません。
子ども一人が成人するまでにかかる金額は決して少なくありません。
また、その中でも教育費は大きな割合をしめています。
幼稚園から大学まで全て公立にに通い、高校・大学共に実家住まいであった場合でも、800万円はかかるといわれています。
全てが私立の場合は2000万円を超えますし、医学部や薬学部など6年掛かる場合や、院に進むと3000万円を超えるでしょう。
また、勉強に関するもので、塾に通ったり、万が一浪人して予備校に通う場合を考えると、更なる金額を用意しておかなければなりません。
子ども一人に掛かる金額がこれですから、複数の子どものいる家庭では、産む前から教育資金について考えて準備しなければならないと言う考えもうなずけます。
お金のため時と言えば、幼稚園から小学校の間だと言われています。
最近では中学校に入れば塾に通うのが当たり前だと言われていますし、早ければ小学校の高学年から通い始めています。
塾に通うだけで、安くても月に1〜2万円はかかりますので、その前に貯めておくべきだと言うことでしょう。
しかし、塾以外に水泳やサッカーなどの習い事をさせている家庭も少なくありません。
毎月の出費を考えると、教育費として貯金に回せる額はそう多くないでしょう。
児童手当など、本来の収入以外のものを利用し、貯蓄に回すのも良いのではないでしょうか。
また、少しでも金額を増やすために学資保険を利用することもお勧めします。
学資保険を使わなくても自分で貯めることができる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、学資保険は普通に貯金を行なうよりもメリットが大きい場合があるのです。
まず、医療保険もかねている場合、子どもや契約者に何かあった場合に給付金が下りるというものがあります。
普通の学資保険に少し料金がプラスされる場合もありますが、別の傷害保険などに加入せずに済むため、結果安く済ませられると言うメリットがあります。
また、保険に加入中、万が一契約者が亡くなった場合は、以降の支払いが免除されます。
マイホーム購入の団信のように、家族に対する補償があるという感じでしょう。
学資保険は余裕がある場合を除き、一括払い以外を選ぶほうが良いということかもしれません。
また、育英年金として、契約者の死後、満了期まで給付金が支払われると言うシステムをとっている商品もあります。
積み立て式の生命保険代わりにもなるということです。
他にも、中学や高校入学時に祝い金が支払われる場合や、その祝い金を更に積み立てることが出来る商品もあります。
貯蓄をメインとしている学資保険では、定期預金よりも大きくプラスになる商品もあります。
実際の支払い金額よりも20万近く多くなって返ってくる場合もあるので、大きな金額が必要になる大学入学時などにはとても助かるのではないでしょうか。
もともと自分で貯金をする自信がない場合はもとより、金銭面で余裕がある場合でも積立貯金や傷害保険代わりに利用する方もいると言います。
私は貯蓄メインで利率の良い商品を選択し、児童手当をそのまま学資保険の資金としています。
満期時には数十万円がプラスとなって返還される予定ですが、商品によっては元本割れのケースもあるようですので、加入前にしっかりと内容を把握して加入することが大切でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


メインメニュー

Copyright(c) 2012 School expenses insurance All Rights Reserved.