Sample Image

子供ができたら学資保険も加入

アイキャッチ画像

子供が産まれたら、というか、妊娠しているとわかった時点から、生命保険にも加入したり、すでに加入している場合は増額したり、と、保険商品の事をきちんと見直し、考えなければなりません。
親であれば、産まれてくる子供のために、そのあたりはきちんとしておいた方がいいと思います。
ですが、これらの保険商品には、本当にたくさんのものがあって、どれに加入していいのか分からずに時間がすぎてしまうという方も、本当に大勢いらっしゃると思います。
そうして時間がすぎ、子供が産まれてしまってから慌てるものの、赤ちゃんは産まれてしまったら、もう落ち着いて保険の事を考えていられる時間の余裕はありません。
そして加入も遅れていってしまいます。
これらの保険の中で、このように、取りかかるのが一番遅くなってしまいがちなのが、実は学資保険なのです。
親は、生命保険はとりあえず加入しようとか増額しようと考えます。
でも、特に最初の子の場合、なかなか学資保険まで頭が回りません。
そして、何年かたってから、他の友達の話などを聞いて、慌てて学資保険に加入する方が多いように思います。
ですが、学資保険も、できるだけ早く入るべきなのです。
というのは、加入するのが早いほど、少ない掛金でより多くのお金を受け取る事ができるようになるからです。
なので、妊娠した時からすぐに検討するようにし、できれば産まれてからすぐに、あるいは出産前に手続きが出来る用意をしておいた方がいいと思います。
よく、生命保険だけでいいという方がいますが、生命保険とは別に学資保険に加入する事をお勧めします。
子供の学資保険は、親の生命保険といっしょでいいという方がいますが、私は別で管理した方がいいと思っています。
というのは、結婚して子供を産んだら、人生の三大支出は、住宅、教育、老後、というように言われています。
子供の教育費は、三大支出の中でも、一番重要なのではないかと思います。
それは、子供の未来への投資だからです。
なので、他の生命保険などのお金とは別に管理したいものです。
子供は必ず大きくなります。
18年後というと、ずいぶん先の事に思えますが、子供を産んだら、1年はとっても早く感じます。
こんな調子では、本当にすぐに18歳になってしまいます。
その時に急に慌てても、お金はそう簡単に用意はできません。
学資保険に加入しておく最大のメリットは、18歳など、指定した年齢になる前に、もし親が亡くなってしまっても、それ以後はお金を払わなくても、最初受け取りの契約をした金額を受け取る事ができる、という事です。
なので、加入すれば、親が生きている限り支払いを続けていけば、必ずそのお金は確保できるのです。
もし途中で亡くなったとしても。
なので、絶対に加入するべきですし、生命保険とは分けて考えた方がいいと思います。
同じにしておくと、お金の整理もしにくくなってしまう可能性があるからです。
これらの事を踏まえた上で、きちんと加入しておいてあげたいものです。
子供が大学に行くかどうかは分からないにしろ、その年齢になったらお金を受け取れる、という事なので、なにも大学でなくても、海外留学や成人式や結婚の費用、独立資金として援助できるだめでもいいと思うのです。
子供には、このような形でも、残せるものは残してあげたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


メインメニュー

Copyright(c) 2012 School expenses insurance All Rights Reserved.