Sample Image

早めに入ると後がすごく楽になる

アイキャッチ画像

子供の教育費はどのようにお考えですか。
教育費といえば大学の費用だと思っていませんか。
わが子は大学に進学しないから関係ないと思っていませんか。
お子様が仮に親の希望通り公立の高校に進学してくれても学費は三年間で平均約150万円くらいかかると言われています。
この学費とは別に教材や学用品代、通学代がかかります。
それに子供によっては塾や部活動に入る場合もありますよね。
仮に本当に150万円だったとしても、月に約四万二千円かかる計算になります。
家族の生活とは別にこれだけの費用を捻出するのは正直大変です。
お金を貯めやすいのは独身の時と、子供が生まれる前と、子供が小学校に入る前、そして子供が成人してからがベストな時期と言われています。
子供の教育費は子供が生まれたらすぐ学資保険に入るのが正解です。
学費を貯めるのに一番楽な方法だからです。
後回しにすればするほど、子供にお金がかかってしまい、負担が増えることになります。
私も子供が上の子が4歳と2歳の時に入ったので、その分大変です。
子供が生まれたころはせいぜいおむつ代とミルク代くらいの支出で済んでいましたが、保育園に入れてから貯金をと考えても、実際に保育代と病院代にかなりの金額が消えてしまいます。
それに入園して一年間は風邪を引いたり、病気をもらったりする事がやたら多いので自分の思っているほどの収入は得られません。
大きくなって習い事をすると更に減ってしまいます。
子供手当てを貯金にまわしている方もいらっしゃると思いますが、政府の対応次第では減額や制度自体がなくなる恐れもあるので、自分で貯めるのがやはりベストだと思います。
実際に学資保険は定期貯金の利率とかと違って払い戻し率が非常にいいです。
受け取り方法や期間にもよりますが、戻り期間が最高で115パーセント以上になっています。
今現在、私はパート代を全額学資保険にまわして何とかクリアしていますが、期間が決まっているものはゴールが見えているので、本当に大変ですが続ける励みになります。
支払いが完了すれば、今の生活で毎月支払っている保険料は残るわけです。
私の場合は払い込み期間は後4年ありますが、上の子の払い込み期間は後2年なので、もう少しです。
保育代とかの支出も今年度から小学校に就学するので少し楽になるのが見えているので、保険代が減るわけではありませんが支出代が少し減るので、楽になるのが見えています。
4年後に今まで払っていた保険料の使い道を考えたりするのも楽しいものです。
子供のためにまた貯めてもいいし、自分達の為に使うも自由です。
親も子供も人生いつ何が起こるかわかりません。
今の子供の学力で親が漠然と進路を思い浮かべていても、実際子供が将来を見出して具体的な進路を希望する可能性もあるわけです。
子供の夢を実現するのは、その子の努力もありますが、親も協力しなければ絶対不可能です。
奨学金は当然高い学力が求められ、誰もが受けられる恩恵ではありません。
教育ローンなどもありますが、やはり先に苦労しておいたほうが負担は遥かに少ないです。
私は子供が生まれてすぐには入りませんでしたが、それでも気がついて学資保険に入っておいて良かったと思っています。
まだ入られていない方は早急に検討したほうがいいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


メインメニュー

Copyright(c) 2012 School expenses insurance All Rights Reserved.