Sample Image

子供のために考えておきたい学資保険

アイキャッチ画像

子供を出産すると、まず第一に考えておきたいのが学資保険だと思います。
何より、子供に関する将来の進学や養育に関する資金を確実に貯めるためには必要不可欠であると思います。
現在は学資保険と一言で言いましても、多くの保険会社から様々な内容の学資保険が販売されていて、保険料の返戻率なども異なってきます。
そのため、どの保険会社のものが自分の家庭や子供の将来にとっていいのかということを十分に検討する必要があります。
そこで、まずはじめに考えたいのがどの時期にいくらほどの資金が必要なのかということです。
保険金を数回にわたって中学や高校、大学などの進学の都度少しずついただくようにするのか、それとも大学進学時などのまとまった金額が必要な時に全部をいただくのか、ということなどです。
そして、全体的にいくら準備しておきたいのかということで毎月の保険料も変わってきます。
そこで注目したいのが、終身保険を利用して学資費用を準備するということです。
デメリットとしては、進学の都度などに数回に分けて保険料をいただくことはできませんが、メリットとしては返戻率がとても高く、子供が大学に進学するということを前提でその時期に合わせて保険を解約することでその解約金を学資資金にあてるというものです。
もちろん、途中で払込が困難となるともとは取れませんがきちんと最後まで払込むことでその金額よりもかなり大きな金額を受け取ることができます。
また、子供が小さいうちなどに払込期間を終了するように加入しておくといいかもしれません。
そして万が一、進学はせず資金が不要になった場合や貯金などで進学費用がまかなえた場合などは、その保険はそのまま加入した状態にしておくことで、どんどん解約金は膨らむので自分たちの老後や子供が結婚するとなった時の費用などとして残しておくという選択も可能となります。
私自身も実際に、子供を出産してからこのタイプの終身保険に加入して現在に至るまで毎月欠かすことなく保険料を支払っていますが、本当に素敵な内容の保険だと思っています。
今までは保険というものに対してそれほど信頼感があったわけではなく、自分自身で貯金をしている方が確実で安心であるとも思っていました。
しかし、このタイプの終身保険を知り、一般的な学資保険より効率的に費用を貯めることができると感じましたし、もとは終身保険なのでそのような内容の保障も充実していることから自分たち親に何かあった時の今後の子供の生活などの点でも安心できるものだと思いました。
また、このような使用目的だけでなくてもきちんと老後に向けて貯金をしたいと考えているならば、毎月自分の口座に貯金をしているつもりでこのような終身保険の保険料を毎月支払い、お得にお金を貯めるということをするのもいいかと思いました。
保険というと、万が一のことがなければ過去に支払ってきた保険料が無駄になってしまうのではないかという印象もありますが、上手に利用することで自分たちの生活がとても充実したものになるのではないかと改めて痛感しています。
また、子供のためを思うと学資保険だけではなく、医療保険や生命保険などもきちんと検討して損の無いように利用していくことが必要であるとも思います。
私自身、保険に関しては無知でしたが子供を出産したことをきっかけに保険に関する多くのことを知りとても勉強になりました。
今後ももっと学んでいきたいですし、このようなお得な保険があることを多くの人に伝えていきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


メインメニュー

Copyright(c) 2012 School expenses insurance All Rights Reserved.