Sample Image

子供の学資保険選び

アイキャッチ画像

子供の学資保険選びは悩みました、基本的に保険は資産運用の一環と捉えて、本当に不足が出てしまう部分だけ利用するようにしているのですが、子供の教育のこととなるとどうしても手厚い補償が欲しくなります。
客観的にな考えでプランを立てるのは正直無理でした、子供の将来に関わることですから補償が多めになるのはしかたのないことかもしれません。
私の資産の構成を考えた時、二人の子供にある程度のお金は残せているので、はじめは学資保険を考えてはいなかったのですが、妻が少しは保険も必要ではなかいかと相談してきたのをきっかけに学資保険のことを調べました。
学資保険は子供の成長に合わせて、必要になるお金を用意するものです。
教育費は準備できる見込みはあるのですが、教育にかかる費用は学校に支払う授業料以外にも多くのお金がかかります。
いくらある程度のお金を残せているからといっても、これだけあれば十分だという額はないというのが実際です。
自分に万が一のことがあった時のことも考えるとやはりある程度の補償は欲しくなります。
学資保険にも様々なタイプがあります。
純粋に教育費が多く必要になる、学校の入学時に一時金の支払いがあり、契約者に万が一のことがあった場合に養育年金が支払われることになります。
保険によって大きく違ってくるのが、この養育年金の部分で、成人するまでの補償のタイプと長期間の貯蓄性も兼ね備えたタイプ、総合保険の一部に組み込むタイプのものもあります。
私はシンプルに成人までの学資の補償と万が一の時の養育年金のみのタイプにしました。
生命保険でも同じ事が言えますが、資産の全体のバランスや資産の額などによってベストな保険の形というものは大きく違ってきます。
保険は万が一の備えではありますが、投資と同じようにギャンブル的な側面もあります。
お金の使い方ということを考えるとあまり大きなお金を使うのは賢い選択ではありません、しかし、全く保険がないというのも考えもので、命綱なしに綱渡りをするようなものですから、あくまでも資産とのバランスが大切になってきます。
私の場合は、自分に万が一のことがあった時の子供の教育費の一部にと考えて学資保険を利用しました、すべてを賄おうとすると保険料が高くなりすぎてしまいます。
また、貯蓄性の部分は保険ではなく投資や貯蓄を行う方針としました。
お金を増やす手段としては投資や貯蓄のほうが効率がいいですから、保険の部分と貯蓄の部分を切り分けたタイプの保険を選択しました。
これは保険全般に適応しているルールで、生命保険なども必要な時期に必要な補償を受けられるタイプの掛け捨てタイプのものをよく利用することと考え方は同じです。
最後に、保険は相談窓口が充実しています。
相談をするとセールスをされるのではと心配する人もいるでしょうが、最終的に保険に入るか入らないかを決めるのは私自身だということをしっかりと意識していれば、別にセールスがあるかないかはあまり大したことではありません、それよりも保険に関する情報を専門の方からできるだけ引き出して考えるための情報を沢山入手するほうがメリットが大きいので、無料の相談サービスなどは積極的に利用することをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


メインメニュー

Copyright(c) 2012 School expenses insurance All Rights Reserved.