学資保険は誰でも入れるの?

サンプルイメージ
学資保険の契約者は、一般的には子どもの親ということになると思いますが、
子どもの祖父母、叔母など、親族でも、学資保険に加入することは可能です。
だいたい契約者の年齢は男性は18歳以上、女性は16歳以上で、どちらも55歳までの年齢の方が多いと言われています。

しかし、いざ保険に加入するとなると、必ず行われるのが「審査」です。
この審査は、保険に加入する資格があるかどうかの適性を見られるもので、場合によっては審査に通らないこともあります。
多いケースですと、お子さんの疾患や契約者の持病など、明らかに病気と認められるような場合には加入が認められない場合があります。

学資保険も、医療保険や生命保険と同じ保険の一種です。
なので、通常の生命保険と同じように加入前に契約者と被保険者の健康状態を医師に告知する義務が生じます。
小さな子供がちょっと風邪をひいたくらいで保険加入が認められない場合もありますから、学資保険を検討する際には条件をしっかり見極める必要があります。

サンプルイメージ
うちの子はよく病気をするんだけど、それでも学資保険に入れてやりたい!と切に願う親御さんは、お子さんが一番元気なときを見極めて学資保険に入ると良いと思います。

自己申告とはいえ「病気は一切していません」と嘘をつくのもいけませんから、なるべく健康状態の良いときに保険に入るようにするか、もしくは条件が比較的緩い保険会社を選ぶなどして工夫されると良いかもしれません。

学資保険もやはりれっきとした保険であり、プランによっては医療保障がついているなど、生命保険と似たような内容を扱っているものもあるので、加入しようかなと考えている方は事前に契約者と被保険者の健康状態を保険会社に告知しなくてはなりません。重篤な疾患を患っていることが判明した場合は、学資保険への加入が認められないこともあります。

各企業のプランや加入条件は微妙に異なります。不安であれば、加入を考えている会社の窓口に問い合わせしてみるなどして、よく下調べをしておきましょう。

 

 

 

メインメニュー

サブメニュー

Copyright(c) 2012 School expenses insurance All Rights Reserved.