日本生命の学資保険について

サンプルイメージ
CMでも有名な大手保険会社、日本生命の学資保険「げ・ん・きEX」について、以下に主な特徴をまとめました。

・契約年齢と満期に応じて4つのプランから選べる。
こどもの契約年齢が0〜2歳か、または3〜8歳かによって祝い金の出る回数が異なります。そのため、詳しい分類は4つのタイプに分かれています。給付金の支給は4歳・6歳・12歳・15歳・18歳(22歳)と小分けになっており、必要なときに「学費」として積み立てた学資保険をきっちり充てたい親御さんにおすすめです。

・祝い金は据え置きできる
お子さんの入学に応じて小分けにして受け取れる祝い金ですが、据え置きしてあとに回すこともできます。こちらは引き出しが自由なので、必ずしも入学ではなく、他にお子さんの進学にお金が必要になった時に使うことができます。

サンプルイメージ ・育英年金が自動的に付加されている
契約者が万が一の場合に陥った時、それ以降の保険金支払いは免除され、お子さんが満期を迎えるまで育英年金を毎年受け取れる制度です。
育英年金が自動的についていれば安心ではあるのですが、これは返戻率にも関わってくる問題です。100%を下回ることになればその分手元に入るお金も減りますから、育英年金が自動的についている学資保険が良いかどうかはよく担当者と話し合って検討する必要があります。

・特約を付加できる
お子さんが病気、ケガ、手術を受けた際に保障してくれる「こども総合医療保険」を付加できます。この保険のなかに、さらに1泊2日以上の入院で入院給付日額の5倍の入院療養給付金を受け取れる「入院療養給付金」も付加できます。

そのほか、医療保障に特化した「ベストドクターズ・サービス」というオプションが利用できるメリットもあります。がんや心臓疾患、手術を必要とするさまざまな疾患について、日本全国の名医を紹介してくれるという特別なサービスです。親御さんもお子さんにも安心の医療保障サービスです。

 

 

 

メインメニュー

サブメニュー

Copyright(c) 2012 School expenses insurance All Rights Reserved.