第一生命の学資保険について

サンプルイメージ
契約者が多く安定感のある保険会社、第一生命。
現在第一生命で扱っている学資保険「Mickey(ミッキー)」の特徴を以下にまとめました。

・出生140日前のお子さまから8歳までのお子さまであれば契約可能
必ずしも生まれてからではなく、140日前からしっかり準備しておける保険です。
保険金をかけるなら出来るだけ早い方が良いですから、
子供ができたと分かったらすぐ準備できるのはありがたいですね。
また、諸事情で子供が5歳を超えてしまった場合でも、
第一生命の「Mickey(ミッキー)」なら追って加入することができます。

・18歳満期と22歳満期のパターンがある
受け取りの時期を2種類から選べます。大学に進学するか否かを選択する18歳の時点で満期受け取りができるものと、大学を卒業してから本格的な社会人としての準備を進める22歳時点で満期金を受け取れるタイプです。

サンプルイメージ ・4種類の特約を付加できる
ほとんどの学資保険に付加できる特約が、Mickey(ミッキー)にもつけられるようになっています。
具体的には契約者が死亡したり、高度障害状態になった際に月々の保険料が免除される「育英年金特約」、
不慮の事故によってお子さんが死亡、身体障害を負った際に備える「傷害特約D」、
1日以上の入院や手術に備える「医のいちばんNEO」、
その他として保険金を受取人(お子さん)が請求できない場合に親族の方などが代理で保険金の請求ができる「指定代理請求特約」などがあります。

医療保険や死亡保険については他の保険と内容があまり変わりませんが、
指定代理請求ができるものについては子供の万が一を考えて入っておきたいところ。
主契約に付加するタイプの契約であるため保険料についても必要がありませんので、
担当者の説明をよく聞いて検討されることをおすすめします。

第一生命の学資保険は複雑ではなく、誰でも気軽に入りやすい内容となっています。
契約者の年齢制限が発生する項目もありますので、まずは説明を聞いてみることをおすすめします。

 

 

 

メインメニュー

サブメニュー

Copyright(c) 2012 School expenses insurance All Rights Reserved.